悪口を言う人の心理 1

ストレスがある人です 心に不満があり それを解消するために 他人の悪口を言います 可哀想な人ですね 

誰にだってストレス 不満はありますが 自分で解消できる手段を 持っています

他人の悪口を 誹謗中傷することで ストレスを発散させています 不健康な発散法です

本人に気づかせるには どうすれば 良いでしょうか?  という質問を いただきました

まず その人が言う 他人の悪口 を黙って聞いてあげます その後もっと!!聞きたい と要求してください 

聞き終わったら 悪口を言っても 言われた相手はあなたを 嫌うだけです 結局みんなから 嫌われるだけ

そんなことしても 時間の無駄です 大切な時間を使って とっても損しています と教えてあげてください

誹謗中傷 ひぼうちゅうしょう とは  

根拠のない悪口で 他人の名誉を汚し 貶めることをいう 嫌がらせの一種です

誹謗 =他人をけなすこと

中傷 =根拠のない悪口を言うこと

誹謗中傷を受けた人は 多大な精神的苦痛を受け ストレスが蓄積されます 

誹謗中傷する対象が居ない場所で 悪口を言う事を 陰口 かげぐち と呼び こちらは 誹謗中傷よりも

卑怯な事 とする 社会的認識も あります

悪口を言う人の心理 2 

ターゲットになる人 より自分が劣っていることを 自ら宣言している人です

自分に自信があれば 他人の悪口を言う人ことはありません 自分で認識している自信で 

自尊心を維持出来ますからね しかし 自分に自信がない人は 自らの自尊心の維持するために 

ターゲットに対して 悪口を言うことで 相対的に相手の価値を 下げようとします

このように説明されると 多くの人は 心当たりがあると思います 汚れた人の本能です

心理学で言うと 認知的不協和理論 と言います しかし 多くの人は理性によって 抑制しています

意地悪する人の心理1 

気分が良いとき 順調な時は 他人に意地悪をしません 

痛みを持ち もう傷つきたくないと思う時 他人にも 同じ気持ちになって欲しいと 意地悪をする場合

思いやりに欠ける 無神経 怒りっぽい 自己中心的など 意地悪な性格による場合

嫉妬 恨み 欲求不満や 自身の生活の不満を 他人にぶつけて 晴らそうとしている場合 など があります

意地悪な人の心理2 

人に意地悪をしたり 暴言を吐く人は 心に余裕がない人  つまりかわいそうな人 です

主婦の意地悪は 間違いなく 夫婦仲が悪く ご主人に大切にされていない 愛人がいたりします

会社の意地悪な女性は 自分のことを サバサバした 悩まない女だと 見せかけます

私生活がうまくいっていない場合 嫉妬から 意地悪します

本当に 心の底から意地悪な人は 表面的には 意地悪とは思われないように やさしい親切な人 を演じます

意地悪な人の心理3 更新

中途半端な 馬鹿な人が 意地悪な人 と呼ばれます

ストレートに 意地悪な言動を示すと 自分に不利になるからです

本当に意地悪な人は 自分の印象が 悪くならないように計算して 他人を蹴落します

どんな分野でも 相手のほうが 自分よりも優れていたら面白くなありません 

自分の自尊心を砕く存在となるので 可能な限り 否定します  まさかあんな立派な人が・・・・

上に立っている人は 自分の自尊心を保つための 嫉妬心 からです それがイジメの本質です

意地悪な人の心理4 更新

自分に自信が無く 弱いから 先に攻撃して 自尊心を保っている 

頭が悪いので 浅はかで 僻み根性が強い

立ち回りや 逃げるのが上手い 自分の口を汚さずして 相手をいじめる人など 実に巧妙です
 

悪口を言う人の対処法 

そのためには 上記で説明した 認知的不協和理論 を解消するしかありません

悪口を言う人に自信を持たせるために ヨイショしましょう 本人の良いところだけを 

いやみにならないように 褒めてあげましょう そうすれば 認知的不協和は解消され 

悪口は言わなくなるでしょう これを説明すれば 恥ずかしくなって 

他人の悪口は 言わなくなるはずです 

陰口 悪口 をいう 男性の心理 

誰かの陰口 悪口ばかり言う男性は  劣等感 が強い 傾向にあります

そういう方法でしか 欲求を解消出来ないいことが原因です

こういうタイプの男性は 仕事もダメ 趣味も無い スポーツも苦手で 社会に認められていない

何のとりえもない 誰もかまってくれない というタイプが多く 陰口だけが 唯一の欲求不満解消になっています

自分の評価を下げる結果になる 自分の首を絞めていることに 気付いてほしいものですね

本当に 可哀そうな人です

いちいち嫌味をいう人の対処法

面と向かって 直接言えない小心者です 

嫌味を言う人は  心に余裕がないんだ と同情心を持ちましょう

人の目が気になる 他人のことが気になる人は 周りの人に 愛された経験が乏しい人です

取り合わないことです 心のエネルギーの無駄使いは やめましょう〜

見栄を張る人の心理 

自分に自信がないので 馬鹿にされたくない という意識から コンプレックスを隠し 優越感に浸るため

自分を実力以上に見せる ための過剰な自己主張 です  そのためには 嘘もつきます

本人が 他人を見た目でしか評価出来ないため  自分も他人に 見た目で評価されると判断して行う

心が貧しい人が 行う行為です  

見栄を張る癖を直すために・・・更新

見栄を張ってしまいそうになった時に 気づくことができれば ストップ出来ます

見栄を張ってしまうクセがある と自覚することが大切です

その心の中には 人からよく思われたい お金持ちに見られて 優越感を感じたい という思いが 強くあります

見栄を張ってもしょうがない そんな自分にはなりたくない などと考え 見栄を張るのをやめましょう

時間をかければ 根本的な考え方を変えていくことで 可能になると思います

自分はこれでいい と思えれば 見栄を張る必要はなくなります

そのためには 人は人 自分は自分 と思えるように心がけて下さい

見栄を張ってしまうもう一つの理由は 自分中心の考え方 をしずきることです

人に対するやさしさや 思いやりをもって接することを 心がけましょう

そうすれば 優越感を感じたい という思いは小さくなり 見栄を張らなくても済むようになります

見栄っ張りな男性の心理 

男性は 他の人からどう見られているのか 認められているのか 非常に気にします 

常に自分の価値を認めてもらいたい!と思っています 心理学では 社会的承認欲求 と言います

男性はこの欲求が 女性に比べ格段に高く 仕事場では昇進したい 成功したいと願っています

女性は職場に働きやすさを求めるのに対し 男は 給料 待遇面を優先します

そういう欲求が高いため 必要以上に自分を認めてほしい!とアピールします

それが知ったかぶり 威張る 虚勢をはる という行為になります

特に意中の女性の前では 知ったかぶりも拍車がかかります 

また威張ることで 相手を威嚇して 優越感に浸ります でも

本当は 自分に自信がありません  弱い犬ほどよく吼える ←ヨーガの智慧 

自分の弱さを悟られたくないため 裏を返せば 社会的に認められていない ということです

優れた男性は 自己アピールする必要がありません

女性に対しては もっと顕著に現れます  すごい! なんでも知ってるんですね! などといってあげましょう

男性の見栄は 自信の無さです 

嫌われる上司の法則 10ヶ条 更新

1  問題が起きると 全部部下のせいにする  管理職なのに責任を取ろうとしない

2  手柄は全て 自分がやったかの様に 上層部へ報告する  

3  パソコンが扱えない

4 絶対に部下を褒めない 部下のアラ探しが趣味 

5 役員にゴマすり

6 他人に厳しく 自分に甘〜い

7 部下が失敗すると 徹底的に責立て 自分の失敗は 部下のせいにする 

8 部下にサービス残業を強要 自分は時間通りにさっさと帰る 

9 自分の価値観がこの世の全て 常に偉そう

10 呑みに行くと 常に自慢話 と人の悪口 ダジャレが寒い

▲このページのトップに戻る